【コスパ最強】保育士試験を独学で合格を目指す勉強方法

悩む人

保育士試験を取得したいと考えていますが、独学でも合格できるのか不安です。

併せて独学での勉強方法も知りたいです。

本日はこのようなお悩みを解決したいと思います。

まだ保育士試験についてよく分からない人はまずはこちらを一読ください。

参考:【実技試験を免除する解説付き】保育士試験の受験資格や試験概要など受験前に知っておきたい事まとめ

✔結論

先に結論から言うと、独学でも合格可能です。

根拠となる理由

  • 1発合格率5%以下と言われる保育士試験を独学でも8科目を合格。
  • さらに周りにも独学で合格した友人もいる。

僕自身は1回で全ての科目を合格とまではいかなかったですが、保育士試験の制度によって合格した科目は3年までその結果を引き継ぐことができます。なので次回は不合格科目(1科目)のみの受験で済みます。このことから、独学でも十分合格を目指せると言えます。

ちなみにですが、独学の最大のメリットは費用を抑えられることで、僕はテキスト・問題集のみの完全独学で受験し、掛かった費用はたったの約6,000円でした(受験料は含みません)。これはコスパ良しですよね。

✔本記事の内容

  • 保育士試験を独学で合格を目指す勉強方法【実績あり】
  • 保育士試験を独学受験での反省点

※本記事は保育士試験の具体的な問題の対策ではなく、独学で受験される方にとって必要な【考え方・手段・時間の使い方等】を解説する記事になっています。内容については触れませんのでご注意下さい。

では、解説していきます!

保育士試験を独学で合格を目指す勉強方法【実績あり】

冒頭でも書いた通り、この勉強方法は保育士試験の8科目を突破した実績があります。さらに、実際に受験をして感じた反省材料も後述していますので、それらを参考にこれから合格を目指していきましょう。

✔勉強の流れ

ここでは、勉強のやり方(流れ)について解説します。

今まで勉強をしてこなかった、あるいは勉強にブランクがある人は参考にしてみて下さい。もう勉強方法について熟知されているならば、飛ばして頂いて構いません。

勉強の流れ

  • 試験の全体像を把握
  • 専門用語や内容について理解する
  • 問題集に取り組み定着を図る

1.試験の全体像を把握

試験の必勝法は「自分は何を知らないのか知ること」です。

試験の全体を把握する具体的な方法として、まずはテキスト読みましょう。その時点では覚えることは意識しなくても大丈夫ですが、次のような項目を意識するようにして下さい。

  • どのような内容が書かれているか
  • どのように試験に出題されているか
  • どの専門用語を分かっていないか

分からない専門用語には、テキストに〇を付けておくと、後で分からないところがすぐ把握できるのでオススメです。加えて、テキストを見ながら過去問を解くのも有効な方法です。

参考記事:保育士試験を独学で合格するためのおすすめテキスト・問題集【悩むならコレ一択です】

2.専門用語や内容について理解する

1で理解できなかった専門用語や内容について調べ、分からないことを無くしていきます。

グーグルで検索するのもアリですし、最近では「YouTube」で用語や内容を解説してくれているYouTuberの方も沢山いらっしゃいます。おすすめの2組を後述していますのでチェックしてみて下さい。

3.問題集に取り組み定着を図る

実際に問題を解くことが一番の試験の得点を上げる方法です。ただ、闇雲に解くのではなく、知識を確認しながら、間違えたところは必ず復習するようにします。

これら1→2→3の順にサイクルを回して下さい。初めは時間がかかると思いますが、慣れてくれば速くサイクルを回せるようになります。

✔勉強スケジュール

勉強のやり方を理解した次に必要なのは、勉強スケジュールを決めることです。試験当日まで、どのくらいの期間をどのように進めていくかを決めます。

<長期スケジュール>

独学でするのであれば、余裕を持って3ヵ月は欲しいところです。主婦や会社員ではなく、保育士試験だけに力を注げる人はもう少し短めでもOKです。

最初の1か月目はテキスト読み込み、確認問題で全体像の把握に力を入れます。2か月目は専門用語理解に力を入れつつ、過去問を解き始めます。3か月目で問題をこなし実践感覚を養っていく流れのイメージになります。

<短期スケジュール>

1日のスケジュールでは、平日で朝の時間、隙間時間、寝るまでの時間等で3時間、休日は6時間以上確保したいところです。その時間で先述の勉強の流れに沿って進めます。

✔勉強に活用できるツール3つ

テキスト以外での勉強に活用できるツールを3つご紹介します。

1.YouTube

ほいくん」、「保育士試験合格ch」(敬称略)はとても心強い味方になります。

特に保育実習理論という科目の音楽問題など文章では理解しづらいものを動画での解説は非常に分かりやすいです。

<ほいくんおすすめ動画>

2.webサイト

非常に多くの方が保育士試験に関する記事や問題をまとめてくれています。

「○○(分からない用語) 保育士試験」とググれば、ほとんど解説記事が出てくるので使わない手はないです。

3.問題集アプリ

保育士完全合格アプリ」を使用していました。

移動中の電車など本を出すには難しい環境でも隙間時間を活用することができます。

✔日常で使える効果的な学習方法

保育士試験は科目が多く覚えることが多いです。覚えるのが苦手な人が使えるちょっとしたテクニックがあります。

1.隙間時間の活用(単純接触効果)

隙間時間で勉強することで情報に触れる回数を増え、理解が深まります。苦手科目は特に重点的に行います。

隙間時間を活用して法律の条文や政府が出す資料にもよく目を通しておきたいです。ここが試験では多く問われています。

2.ゴロや歌にして覚える(エピソード記憶)

用語の記憶が苦手という方は、ゴロや替え歌にすることでエピソード記憶となり、かなり覚えやすくなります。

ゴロや歌だけでなく意味もしっかり覚えて下さいね。

保育士試験を独学で受験した反省点

保育士試験を独学で受験をして、2点ほど反省点を感じました。

  • 勉強の教材に不安があった
  • 分からないことを質問できる人がいなかった

保育士試験では、かなりの情報量が必要とされますが、市販のテキストだけでは、情報量がやや少ないです。また、分からないことがあった時にすぐに質問できる環境がなかったので、分からないままにしてしまうこともありました。

ここら辺を解消できれば、1発合格も実現可能だと思います。

出来るだけ費用を掛けずに1発合格を目指すなら通信講座を受講するのもアリで、費用は約5~6万円で済みますし、専門学校に入るのは約200万円なのでそれと比べて約1/40の費用で合格を目指せます。

まとめ:やまゆー流保育士試験の独学勉強法

では、今回の記事をまとめます。

  • 保育士試験は独学でも合格可能
  • 独学での勉強方法は①勉強の流れ、②スケジュール、③ツール、④記憶方法が大事
  • 低コストで合格確率を上げたいなら通信講座を使うのもアリ

このような感じです。

独学での勉強方法について解説していますが、独学は誰にでもおすすめではないです。なぜなら、独学にも向き不向きがあるからです。一人で勉強は不安に感じるなら通信講座等も活用してみると良いですよ。

参考:【合格実績多数あり】保育士試験の通信講座おすすめ大手3社

-保育士試験

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.