【正答率8割越え】保育士試験の保育実習理論で伴奏問題を攻略する方法

悩む人

保育士試験の保育実習理論の伴奏問題が全く分かりません。。。諦めて他を頑張った方がいいのでしょうか?

今回はこのような質問にお答えします。

保育士試験で勉強をしていると、多くの人は伴奏問題に苦戦したことがあるはず。そう言う僕も初めは全く分からなかったのですが、ある法則を知ると正答率8割を超えるようになりました。

実際に2020年後期の保育士試験ではこの法則を使い、音楽問題を全問正解したので、是非、伴奏問題は捨て問題にせず、むしろ得点源として欲しいなと思います。

✔本記事の内容

  • 初めに三和音を理解しよう
  • 選択肢を三和音で分類しよう
  • 伴奏問題の法則を知ろう
  • 実際の問題に挑戦してみよう

※本記事では、2020年度までの保育士試験についての解説です。今後出題傾向や内容が変更する恐れがありますので、ご了承下さい。また、音符や音階については理解している前提で話を進めますので、まだ分からない人はまずそれを理解し、楽譜を読めるようになってから読み進めて下さい。

初めに三和音を理解しよう

三和音とは、ある音の上に3度ずつ間隔をあけて3つの音を重ねたものを言います。例えば、ドの3度上はミ、ミの3度上はソとなり、三和音はド・ミ・ソとなります。

この三和音にはいくつか種類があるのですが、今回覚えて頂きたいのは全部で4種類。

  • 音階の第1音をはじめとする主和音、これをと表記します。
  • 主和音から4つ上の音で作る三和音が下属和音、これをと表記します。
  • 主和音から5つ上の音で作る三和音が属和音、これをと表記します。
  • 属和音の上にさらに音を重ねる和音が属七の和音、これをⅤ⁷と表記します。

例えば楽譜がハ長調であるならば、ドから始まる音階となり、それぞれの三和音は以下の通りになります。

  • 主和音はドの音から始まるド・ミ・ソとなります。
  • 下属和音はドの4つの上のファから始まり、ファ・ラ・ドとなります。
  • 属和音はどの5つ上の音のソから始まり、ソ・シ・レとなります。
  • 属七の和音は属和音に音を重ねるので、ソ・シ・レ・ファとなります。

例ではハ長調でしたが、他でも考え方は同じです。もしヘ長調であれば、ファから始まる音階なので、主和音(Ⅰ)はファ・ラ・ド、下属和音(Ⅳ)は4つ上がってシ・レ・ファ、属和音(Ⅴ)はド・ミ・ソ、属七和音(Ⅴ⁷)はド・ミ・ソ・シになります。

選択肢を三和音で分類してみよう

問題で楽譜はハ長調と仮定します。

  • シ・レ・ソ ド・ミ・ソ
  • ド・ミ・ソ ド・ミ・ソ
  • ド・ミ・ソ ド・ファ・ラ
  • シ・レ・ソ ソ・レ・ソ
  • ド・ミ・ソ ソ・レ・ソ

このような選択肢であった場合、どのような三和音の構成か分類しましょう。

先ほどを一度振り返ると、ハ長調の主和音(Ⅰ)はド・ミ・ソ、下属和音(Ⅳ)はファ・ラ・ド、属和音(Ⅴ)はソ・シ・レ、属七和音(Ⅴ⁷)はソ・シ・レ・ファと言いました。

選択肢を分類してみると、

  • Ⅴ→Ⅰ
  • Ⅰ→Ⅰ
  • Ⅰ→Ⅳ
  • Ⅴ→Ⅴ
  • Ⅰ→Ⅴ

このように選択肢の音の違いが分かるかと思います。

ここまでできればあともう少しです。

伴奏問題の法則を知ろう

最後に先ほどの選択肢を伴奏問題の楽譜に当てはめるのですが、ここで知っておきたい法則が5つ存在します。

  • 初めの1小節目は主和音(Ⅰ)であることが多い
  • 三和音はⅣ、Ⅴ、Ⅴ⁷の後に主和音(Ⅰ)になりやすい
  • ⅤやⅤ⁷の後にⅣがくることはない
  • 右手のメロディーと同じ音で構成されやすい
  • 1小節に主和音のいずれか1音のみである場合、主和音(Ⅰ)になりやすい

これらを意識しつつ選択肢を絞っていけば、正解へ導くことができます。

実際の問題に挑戦してみよう

ここまでで、解き方を教えてきましたが、解き方が分かっても実際に問題を解けなくては意味がありません。

先ほどの手順と法則を思い出しながら、問題に挑戦してみましょう。

<問題>次の写真のABCDに当てはまる伴奏の組み合わせを1~5から選びなさい。

ぶんぶんぶん
  1. アアイエ
  2. イウエエ
  3. イエアウ
  4. ウイウア
  5. ウエアア

先ほどの手順通り、まずは和音を分類します。楽譜はハ長調なので主和音(Ⅰ)はド・ミ・ソ、下属和音(Ⅳ)はファ・ラ・ド、属和音(Ⅴ)はソ・シ・レ、属七和音(Ⅴ⁷)はソ・シ・レ・ファとなります。

ア~エの選択肢を見てみると、以下のようになります。

  • ア.ド・ミ・ソ ド・ミ・ソ シ・レ・ソ シ・レ・ソ
  • イ.ド・ミ・ソ ド・ミ・ソ ド・ファ・ラ ド・ファ・ラ
  • ウ.ド・ミ・ソ シ・レ・ソ ド・ミ・ソ ド・ミ・ソ
  • エ.シ・レ・ソ シ・レ・ソ ド・ミ・ソ ド・ミ・ソ

これを三和音に変換します。

  • ア.Ⅰ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅴ
  • イ.Ⅰ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅳ
  • ウ.Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅰ
  • エ.Ⅴ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅰ

ここから法則に従って当てはめていきます。

まず、【初めの1小節目には主和音(Ⅰ)が来やすい】という法則を見ると、選択肢にAの伴奏にⅠ以外が入るのはエだけですが、Aに当てはまる選択肢にエはなかったので、これでは絞りこめませんでした。

続いて、【1小節に主和音のいずれか1音のみである場合、主和音(Ⅰ)になりやすい】という法則を見ていくと、この伴奏の2小節目と4小節目はハ長調の主和音であるミとドの1音のみである為、主和音が入る可能性が高いです。選択肢を見ると2小節目と4小節目に主和音(Ⅰ)が入るのは、ウとエしかありません。

1~5の選択肢の中で、AとBの伴奏にウとエいずれかが入る選択肢は5しかないので、よって解答は5となります。

このように法則さえ知っていれば、いとも簡単に正解を導くことができます。

もしかしたら今回の解説が知らない聞きなれない単語ばかりで難しく感じたとしても焦る必要は全くありません。僕も初めはさっぱり分かりませんでしたし、何度も反復して問題を解くことで、必ず分かるようになります。

当ブログでは保育士試験について他の記事でも解説しているので、良ければどうぞ。

-保育士試験

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.