【プロフィール】

やまゆー

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。サイト管理人のやまゆーです。当ページでは、僕自身についてやブログについて自分語りが中心です。暑苦しいと思ったらすぐに読むのを中断し、休憩を取るようにしましょう。

サイト管理者について

改めましてやまゆーです。まずはどんな人か知ってもらうため、簡単に自己紹介します。

自己紹介

【特徴】

  • 名前:やまゆー
  • 性別:男
  • 出身:大阪
  • 趣味:ゲーム(特にドラクエ)、音楽、スポーツ(野球、バスケ、卓球、モルック)
  • 他人から言われる性格:熱しやすく冷めやすい、よく笑ってる(ゲラ)

【経歴】

立命館大学卒業▶新卒で銀行に就職▶放課後等デイサービスに転職(現在)

やまゆー

強烈なインパクトがあるような人間ではないですが、銀行員から児童福祉業界に転職する人はそんなにいないので、珍しいのではないでしょうか。

児童福祉で人生が変わった人間のストーリー

【ep.1人生ってこんなもの?】

僕は母子家庭で育ったということもあり、高校進学も親が喜んでくれる地元の進学校を選び、大学進学も親が友達に自慢できそうなそこそこの有名大学を受験し、将来の夢は『公務員』と周りに言いふらすほどスーパーハイパーウルトラマスター安定志向でした。

そんな考えで大事な就職活動も公務員か銀行員に絞って行い、最終、地元から通える銀行に就職しました。

学生時代の受験や就職活動も必死でしたが何とか乗り越えてこれていたので、その時まで僕はこのまま順風満帆な人生を送っていくと思っていました。

【ep.2初めての挫折感】

しかし、実際に就職してみて感じたのは”仕事が楽しくない”ということ。

社会人にとって仕事が楽しくない=”人生の挫折”と同義だと僕は思います。

なぜなら人は人生を大半の時間を仕事に充てています。その仕事が楽しくなければ、休日も仕事のことを考えるのを辞め、そうなるとやはり結果も出しづらくなります。もちろん仕事は楽しい事だけではなく大変なことも多いのは重々承知していますが、楽しめることが1つも感じれなかった僕はとてつもない挫折感を味わいました。

思い返してみれば人生の大事な決断を、親が喜んでくれるからと他人任せで選んでいたのですから当然です。

職場では理不尽に怒鳴られることもしばしばありましたが、人懐っこい性格だったので、同期や先輩に助けてもらったりと人間関係には恵まれました。ですが、とにかく仕事がつまらない。一度そう思った途端、ふと、僕は何のために仕事をしているのだろう?と考え、終いには「将来仕事のストレスでかかる病気の治療費を稼ぐために働いているのか」と思うこともあり居ても立っても居られない状況でした。

【ep.3覚悟を決めて転職】

それから僕は”転職”について考え始めました。

まずは、僕は何がしたいのか必死に考えました。これまでの過去にヒントがあると考えた僕は、なぜこの進路を歩んできたのか考えました。そこで出た結論は、僕の行動原理は人助け×楽しいで動いているということでした。

  • 昔学校の先生を志したのは、教えるのが好きで楽しそうに感じたから。
  • 大学で心理学を専攻したのは、救いを求めてる人を前向きにしたいと思ったから。

その思いで考えたのが、児童福祉の世界でした。

決断するとすぐ、銀行には退職届を出していました。大変お世話になった人からも食事の場をわざわざ設けて頂き説得されましたが、僕の思いは変わりません。

ちなみに親に「ごめん、銀行員辞めるわ。」と告げた時は、何て言われるのだろうとドキドキしていたのですが、一言、「なんとなくそんな気がしてたわ」と言い、すぐに承諾してくれました。これ以上理解のある親はいないんじゃないかと思いながら、目頭が熱くなったことはまだ親には内緒です。

【ep.4転職で天職に出会う】

そこから転職活動を始めました。当然ですが、児童福祉に関する資格は何もなかったので、無資格で働けるところを片っ端から探しました。そこで運よく採用して頂いたのが、今の職場です。(面接に行ってから児童指導員の任用資格を持っていることが判明しました)

今の職場は発達障がい等を持ったこども達と楽しく療育するのが仕事です。最初はもちろん不安もあり、コミュニケーション1つをとることですら苦労しました。しかし、今では僕はこの仕事を天職だと思っています。仕事に行く日が楽しいと思え、何よりいつも職場で笑うことが出来ています。それは前職では考えられないことでした。

【ep.5児童福祉業界の現実】

天職だと思っている児童福祉の世界ですが、まだまだ改善の余地はあります。

言っても児童福祉の現場を全て見てきたわけではないので、あくまで僕個人の見解であるという前提を踏まえ、児童福祉業界の課題についてまとめてみます。

  • 職員のスキル・専門性の向上
  • 業界の社会的地位向上
  • 業界の収入UP

入社して初めは研修等の機会も無く戸惑うこともありました。 知り合いには誰でもできる仕事だと馬鹿にされ、悔しい思いをしたこともあります。収入に関してもやはり将来的には不安を感じます。

【ep.final 当ブログ開設へ】

児童福祉業界での課題を感じた僕は、改善策を模索しました。

1つ思ったのは、児童福祉の現場は今既に持っているスキルや知識を還元していて、僕自身スキルや知識を高めることを辞めてしまってはいけないということ。ですが、職場では毎日アウトプットすることに必死で、新しく知識をインプットする余裕なんてありません。そこで僕が目を付けたのが”副業”で、当ブログの誕生です。

副業をすることで、以下のメリットを感じます。

  • こども達に伝えられることが増える
  • 知識が増え、声掛けが上手くいく
  • 収入をあげるチャンスがある

Uber Eats の配達パートナーの副業をしていたこともあり、収入は増やせましたが、スキルにならなかったので、個人的にはオススメしません。

これから始めるならブログやYouTubeなどの情報発信系の副業が良いと思います。なぜなら情報発信というアウトプットをするには必然的に読書したり、分からないことをググったりと情報のインプットをするようになります。その習慣を身につけることで、”子育ての引き出し”がどんどん増え、子育ての楽しさが加速するのです。

(続く)

当ブログについて

当ブログ「やまゆー公式サイト」は2019年7月に開設しました。当時は雑記ブロガーとして活動していましたが、どれも中途半端な記事で全く稼げませんでした。

それから少し活動休止の期間を経て、リニューアルした現在の「やまゆー公式サイト」になります。本業にコミットしたコンテンツにしたことで、ネタに困ることも無くなり、何より書くのが楽しくなりました!(最高月収は5桁前半ほどでまだまだです)

当ブログが掲げる目標

  • 児童福祉職員や親御さんの子育てスキルアップ
  • 情報発信を通じて子育ての楽しさを感じて欲しい
  • 収入を上げて、自分で稼ぐ楽しさを知って欲しい
やまゆー

読者の皆様に役立てるよう、これからも頑張っていきます。

これからの活動について

今現在は本業+ブログで活動していますが、そこで終わるつもりはありません。

児童福祉の挑戦者として、新しい挑戦を続けていきます。

<これから挑戦していく目標>

  • 児童福祉従事者の専門性、社会的地位、収入を上げる
  • 1人でも多くのこども好きを増やす
  • こどもが楽しめるコンテンツを作る

<目標を達成するために挑戦したいことリスト>

  • 保育士試験
  • ベビーシッター
  • Youtube
  • 音楽活動
  • 書籍の出版
やまゆー

考えるとワクワクしてきますよね!

最後に

最後まで見て頂いてありがとうございます。

こんな僕が書いている記事を3つほど紹介して終わりとさせて頂きます。

【放課後等デイサービスの魅力】

放課後等デイサービスとは?就職・転職をする3つのメリット

続きを見る

【100%始めれるブログの始め方】

【WordPress】パソコン苦手でも100%できる!これからのブログの始め方

続きを見る

【保育士試験を独学で目指す勉強方法】

【コスパ最強】保育士試験を独学で合格を目指す勉強方法

続きを見る

やまゆー

読んだ感想をTwitterでくださるととても嬉しいです!

Twitterはこちら

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.