親子で楽しめる小学生以上向けの室内遊び5選!【親子の絆を深めよう/Stay Home】

悩む人

お出かけする気にもなれないし、今日はこどもと室内で遊ぼうかしら。親子で一緒に楽しめる遊びはないですか?

今回はこのような質問にお答えします。

僕は普段放課後等児童デイサービスという所で働いているのですが、小学生~高校生までのこども達と関わる仕事をしています。職業柄、こどもに人気な遊びを知る機会は多いので、是非、何をするか迷われているご家庭の方のご参考になればいいなと思います。

こどもとの遊びは親子の信頼関係を形成する大事な時間なので、遊びを調べているあなたはとても優しい人なのだと思います。もしかしたら親と一緒に遊ぶのを照れくさがる子もいるかもしれませんが、本心ではこどもも嬉しいはずですよ。

親子で楽しめる小学生以上向けの室内遊び

親子で楽しめる小学生向けの室内遊びを5つをご紹介します。

①ボードゲーム

ボードゲームとはテーブルを使って行うパーティゲームだと思ってください。

特徴

  • ルールの把握が必要である
  • 戦略を考えるのが楽しい
  • 楽しみながらも地頭が鍛えられる

頭で物事をじっくり考えることが得意なタイプのこどもには非常に向いています。逆に細かいルールの把握ができなかったり、考えて動くことが苦手なタイプは嫌になって途中で投げ出してしまうこともあります。

✔おすすめのボードゲーム3つ

1.ナンジャモンジャ

YouTuberの方々が紹介されてこどもたちに爆発的な人気がでたカードゲームです。このナンジャモンジャは生き物にあだ名をつけていくという簡単なルールで楽しめます。

カードの山札を1枚ずつ引き、出た生き物にあだ名をつけるのですが、このあだ名をゲーム終了まで覚えておく必要があり、1度あだ名をつけた生き物を再度引いた時、あだ名を早く言えた人がカードを総取りできます。これを山札が無くなるまで繰り返します。

2.ブロックス

ブロックスは戦略パズルゲームで同じ色の様々な形のブロックがあり、それをできるだけ多くボードに置けた人が勝利します。ただし、置き方にルールがあり、自分の色のブロックと角が接するブロックにしか置くことができません。さらに、相手もブロックを置いてくるので、ターンが進むにつれて置ける場所が少なくなっていきます。

相手の動きを予測しながら、ブロックの形も考えるので、やや難しいですが、とても盛り上がります。

3. ウボンゴ

ウボンゴもパズルゲームなのですが、瞬発力も求められます。

決まった形のパズルシートがあり、そこに指定されたパズルでパズルシートを誰が1番早く埋めれるかを競います。1番最初に埋めた人は「ウボンゴ!」と叫びそこから20秒カウントを始めます。その間にパズルを埋めることができれば得点にはなりませんが、できなければ1番に埋めた人の得点になります。

②テレビゲーム

テレビゲームはテレビをモニターとして行うゲーム機器です。

特徴

  • テレビゲームを通じて学びがある
  • こどもにハマりやすい
  • 物によってはやや費用が高め

テレビゲームは基本コントローラーを使って操作するので、ゲームによっては手先の器用さも求められます。手先を使うのが苦手なタイプにはハマらない可能性もあります。

✔おすすめテレビゲームソフト3つ

1. Nintendo Swich のマリオメーカー

何といってもマリオはこどもから大人まで幅広い層から支持があります、さらに「マリオメーカー」はコースを作成することができるので、こども達の創作意欲を掻き立ててくれます。親子でコースを作りあって競い合うのも楽しいですね。

2.どうぶつの森

どうぶつたちが住む村でほのぼのライフを満喫できるゲームです。リアルタイムと連動しており、季節感を感じたり、どうぶつたちとの関わりなど多くの生活の学びを疑似体験することができます。

3.世界のアソビ大全51

本作品では世界にある51種類の遊びを1つのソフトで楽しむことができます。「リバーシ」や「将棋」など有名なものから、「マンカラ」や「ヨット」など幅広い遊びができ充実できるでしょう。

③ハンズクラップダンス

ハンズクラップダンスは韓国発祥の室内でもできるダンスです。

特徴

  • 運動不足解消または肥満予防にもなる
  • 道具はないので費用が掛からない

室内遊びになるとどうしても身体を動かさなくなるので、是非楽しみながら取り組んでみて下さい。ちなみにハンズクラップダンスは「2週間で-10㎏痩せた」とも言われるほどで、数10分すれば汗をかくくらい運動量があります。

こちらのリンクから「ハンズクラップ」動画を見ることができます。職場でもやってみたところリピーター続出でした。

④楽器

楽器を使って音楽を楽しむのも面白いです。親子で一緒に楽しむなら、ピアノが定番です。

特徴

  • ピアノは脳に良く、集中力や記憶力が良くなると言われている
  • 気分のリフレッシュ効果がある
  • 特技として身につけられる

僕も昔習っていましたが、始めてからある程度弾けるところまで行くのが難しいので、なるべく難易度を下げて弾けた喜びを少しづつ感じながら練習するのがコツです。我慢強さがある子は向いています。

どんなピアノを購入するか迷うなら以前僕が購入したピアノのレビュー記事がありますので、参考にしてみて下さい。

参考:【コスパ最強】ピアノを手軽に楽しみたいならCASIO(CT-S200)の本格派キーボード

⑤動画視聴

動画視聴はアニメや映画、スポーツを観たりすることです。

特徴

  • ゆっくりして楽しめる
  • 無料でも楽しめる方法がある
  • 視聴後に会話で盛り上がれる

動画視聴はゆっくり楽しめるので、お仕事で疲れている人でもこどもと遊ぶことができます。動画での時間の共有をすることで、その後の会話もいつもより盛り上がると思いますよ。

✔アニメや映画なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

✔スポーツ観戦するなら【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

どちらも無料トライアル期間があるので、無料でも見ることができます。※無料期間内に解約しても料金は一切かからないのでご安心ください。

室内遊びを親子でする時に気を付けるべきポイント

室内遊びをする時に忘れがちな気を付けることがあります。

それは大人であるあなたが楽しめるものを選ぶことです。

多くの親御さんは子どもの為ならと自己犠牲は当たり前という考え方を持っていらっしゃいます。優しい思いを持っていて悪いことではないのですが、こどもの思いを優先しすぎてもしあなたが遊びを楽しめていないならそれは避けましょう。

親御さんが一緒に楽しんでいる姿を見せることは何よりもこどものやる気を伸ばしてくれるからです。

室内遊びで親子の絆を深めよう:まとめ

今回は親子で楽しめる室内遊びをご紹介しました。

こどもが大きくなるにつれて、一緒に遊ぶ機会は減ってきますよね。

小さい頃はどんな遊びでも付き合ってくれた親御さんが大きくなるにつれて遊びに関心を示さなくなるのを見ると寂しい気持ちになります。

遊びへの理解は親子間の信頼関係にも影響しますし、何より身近な存在である親が理解してくれることは嬉しいことです。

少しでも本記事が参考になれば幸いです。今回は以上です!

-遊び

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.