【放課後等デイサービス職員に役に立つ!】子育ての日常で使える13種類の手話

悩む人

放デイの職員です。発声が苦手なこどもが頑張って発声してくれるのですが、聞き取りが難しく、うまく気持ちを汲み取れず困っています。手話を勉強しようと思ったのですが、種類が多すぎて何を覚えたらいいか悩んでいます。。。

今回はこのような質問にお答えします。

放デイの職員は分かってくれると思いますが、障がいを持つこどもの中には、発語が難しいこどもいます。時にはこどもが上手く気持ちを伝えきれずにストレスを感じ、下手をすれば、自傷をしてしまうケースもあります。

そんな時、例え発語ができなくても、その他意思疎通できる手段があれば、ストレスを感じずに済むかもしれませんよね。しかも、こどもがそれで機嫌良くなるなら、職員さんとしてもハッピーです。

本記事で手話をマスターし、上手く意思疎通ができないストレスから解放されましょう。普段はお仕事や家事で忙しいと思うので、あまり負担にならない様、覚えやすく、日常でよく使うものを厳選していますので、良ければ試してみて下さい。

※本記事の手話は理解しやすいよう、少しアレンジを加えています。

日常で役に立つ手話13選

今回ご紹介する手話は以下の通りです。

  • あいさつ
  • ありがとう
  • ごめんなさい
  • ちょうだい
  • ごはん
  • 飲み物
  • トイレ
  • ねむい
  • 立つ
  • 歩く
  • 座る
  • 待つ
  • おしまい

感情を伝える手話

次の4つは感情を伝える時に使える手話です。

できなくても生きていけるかもしれないですが、きちんと御礼が言えたり、感謝を伝えることができれば、より人から愛されやすくなり今後の人生も生きやすくなると思うので、伝えれるようになればいいなと思っています。

①あいさつ

写真のように人差し指を『人』のように見立て、第2関節くらいまで曲げるようにします。本来は『おはよう』『こんにちは』など時間応じて使い分けされていますが、個人的には「この子は挨拶しようとしているんだな」と伝われば十分だと思うので、簡略化しています。

②ありがとう

左手の甲に向かって、右手を写真のように縦に振り下ろします。

③ごめんなさい

右手の親指、人差し指で眉間をつまみ、そこから手を広げ縦に振り下ろします。

④ちょうだい

左手の掌の上に右手の掌を重ねるようにし、トントンと軽く触れるように動かします。

生理的欲求の伝える手話

以下の4つは生理的欲求の伝える時に使える手話です。

生理的欲求は、生きていくために不可欠なものです。健康にも繋がることなので、自分で伝えられるようになると嬉しいですね。

⑤トイレ

トイレを表す『W.C』を手で表現します。相手目線で向きが変わってしまうので、右手でするようにしましょう。

⑥ごはん

左手には茶碗、右手はお箸を持つようにして食べる動作をします。

⑦飲み物

片手でコップを持つようにし、飲む動作をします。

⑧ねむい

親指とそれ以外の指を右目の前でつまむようする。

動作を伝える手話

以下の5つは動作を伝える手話です。

放デイの活動では、動作を指示する場面も多々あると思うので、覚えておいて損なしです。

⑨立つ

左手を『床』に見立て、右手の人差し指、薬指は『足』に見立てます。

⑩歩く

立つと似ているのですが、『足』に見立てた指を歩かせるように動かします。

⑪座る

これも立つの応用で、右手の第1関節を曲げて『正座』のようにします。

⑫待つ(待って)

親指とその他の指でつまむようにし、喉元にあてるようにします。

⑬おしまい

満開の花がしぼんでいくように、両手の広げた掌をしぼませるようにします。

手話を指導する3つのステップ

手話を指導する方法は以下の3つのステップが必要になります。

  • 手話の形を覚える
  • 手話と意味の紐づけ
  • 手話を自分でできるようになる
やまゆー

手話はすぐにできるものではないので、継続して取り組めるよう、楽しみながら指導するよう心がけています。

手話の形を覚える

手話を覚えるには、大人が見本を見せます。

新しい言葉って一度見ただけでは、なかなか覚えられないですよね。何度も見ることを繰り返すことで記憶が定着し始めます。手話も全く同じで、1日に数時間取り組むより、数分だけでも毎日取り組む方が効果的だと思います。

保護者の方や学校の先生など、その子の周りの大人たちを巻き込むのもまた効果的です。

やまゆー

ひとりで抱え込まず、みんなで協力しましょう。

手話と意味を紐づけする

手話と意味が連動するように紐づけしていきます。

意味を紐づける時は、意味を声に出しながら手話を見せ、聴覚障害などで聴きとることが難しい時は、絵カードを提示しながら手話で意味を伝えます。絵カードの作成が面倒な方は、ココロ発達療育センターから出版されている絵カード等を購入されると手間を省くこともできます。

また、表情も1つ大事なポイントで、言葉に合った表情を見せることで、より正確に気持ちも伝えることができます。

やまゆー

微妙なニュアンスを伝える時に表情が役に立ちます。

手話を自分でできるようにする

手話を自分でできるようにするには、大人が楽しみながら継続して取り組みます。

なぜならこどもは大人のマネをしたがるからです。大人が楽しそうに毎日継続していれば、自然と寄ってくることもあります。ですが当然それだけでは難しいケースもあるので、手を取りながら動かしてみることも大事です。

ある程手話の形を使えるようになったら、

手話を使ってコミュニケーションをとることができたという成功体験を感じてもらうことが大事!

やまゆー

『あせらずゆっくり』取り組みますね。

上級者向け!手話のおすすめ書籍

日常で使うレベルであれば、本記事で紹介したものだけでも十分と思います。

しかし、もっと勉強して色んな欲求に対応できるようにしてあげたいという人もいるかもしれません。そんな方へ向けて約6000語の手話を習得できる書籍を紹介します。

✔おすすめの1冊

すぐに使える手話辞典6000
  • 図解がとても分かりやすい
  • 6000語が1冊で学べる
  • 指文字表のポスターがかなり便利

語彙数がかなり豊富で、一冊持っていると、手話には困りません。個人的におすすめなのが付録の指文字ポスターをトイレに貼っておくと、自然と勉強できるので、あって良かったなと思いました。

まとめ:言葉だけがコミュニケーションではない

今回は手話について解説しました。

言葉はとても便利なので、ついつい発声が難しいこどもに対しても、発声の練習ばかりしてしまいがちです。ですが、言葉だけがコミュニケーションではないので、手話を覚えた方が近道になる場合もあります。

苦手なことを克服するよりはできることを伸ばしていく方が取り組みやすい

ダメもとでも、わずかな可能性があるなら挑戦する価値はあると思います。やろうと思えば今日からでもできることなので、良ければ試してみて下さいm(‐‐)m

-日常

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.