【発達障害でも通える】年長・小学生から可能なこどものプログラミング教室LITALICOワンダーとは?

悩む人

うちの息子はまだ小学生なのですが、これからの時代はITを勉強しておいた方がいいと強く感じ、プログラミングを学べる習い事を考えています。軽度の発達障がいもあるのですが、そのような子でも対応できる所はありますか?

今回はこのような質問にお答えします。

こんにちは、筆者のやまゆーです。こどもの将来についてここまで真剣に考えれる人は中々いないと思いますが、それができるあなたはとてもこどもに愛情深い人だと推測します。

しかし、こどもの将来を決めるのはあくまでこども自身であって、親御さんや指導者がすべきは選択肢を与えることだと僕は思っています。なので本記事では、年長や小学生でも学べるプログラミング教室に併せて、こどもの将来についても少し触れていきます。

✔本記事の内容

  • 好きな仕事の見つけ方
  • こどもの内に体験・経験を広げよう
  • LITALICOワンダーとは?(無料体験あり)
  • プログラミング技術の需要はまだまだ増える

好きな仕事の見つけ方

「こどもに好きなことを仕事にして人生を楽しんでもらいたい」と多くの親御さんが願っています。しかし、その一方で親としてどのように手助けしたらいいのか分からないと悩んでいらっしゃる人も多いと思います。

結論:好きな仕事は自分の過去の経験・体験から見つかります。

僕で例えると、こどもの時に自分より小さい子の面倒を見ていてそれが好きだった。そんな経験から今では児童福祉施設で働いており、天職に感じているほどです。

親御さん「こどもの将来の為に勉強させてます!」

教育熱心で間違っているとは思わないのですが、勉強ができるようになっただけでは、こどもは好きな仕事に就くことは出来ないですよね。勉強はあくまで手段であって、本当に大事なのは、こんな仕事をしたいという目的を見つけることです。是非好きな仕事を見つける為に経験値を増やしてあげましょう。

こどもの内に体験・経験を広げよう

こどもの時間は興味に没頭できる”ゴールデンタイム”です。

なぜなら、大きくなるにつれて価値観が固まってきて、単純に興味だけでは没頭できないケースが増えてくるから。

大人が興味だけで始められなくなる理由

  • 周りの目が気になる
  • 社会的価値がないように感じる
  • 収入が低いあるいは、収入にならない
やまゆー

大人になった時にあらゆる仕事に就ける選択肢を増やす為には、こども自身が興味を持ったものを体験・経験をさせることが望ましいです。

LITALICOワンダーのIT×ものづくり教室とは?

それでは、本題に入っていくのですが、お子様にプログラミングの経験をさせてあげたいなら 「LITALICOワンダー IT×モノづくり教室」 があります。LITALICOとは、幼児教育、障がい児支援に関する事業を行う会社で、児童福祉業界ではとても有名な会社です。

✔LITALICOワンダーのIT×ものづくり教室の概要

LITALICOワンダー IT×モノづくり教室では、幼稚園年長~高校生までの読み書きができるこどもを対象にプログラミングやロボット製作を学ぶことが出来ますので、こどもの体験・経験を増やすのに活用することが出来ます。

LITALICOワンダー IT×モノづくり教室 5つのコース

コース名 対象年齢 特徴
ゲーム&アプリプログラミングコース 年長~高校生 自分でアプリやゲームを作ってみよう
ゲーム&アプリエキスパートコース 小学3年生~高校生 本格的なアプリやゲーム作りに挑戦
ロボットクリエイトコース 年長~小学3年生 ロボットを自分で動かしてみよう
ロボットテクニカルコース 小学3年生~高校生 本格的なロボット作りに挑戦
デジタルファブリケーションコース 小学1年生~高校生 デジタル機器でモノづくりに挑戦
やまゆー

こどもが最新の技術を学ぶ良い機会になるので、何をさせたらいいか迷う人は参考にしてみるといいですよ。

✔LITALICOワンダー IT×モノづくり教室の費用

☆プログラミング授業料

  • 教室授業:1回の授業(90分)で5,250円(税抜)
  • オンライン授業:1回の授業(60分)で4,000円(税抜)

その他、入塾金15,000円や教材費などが費用として掛かります。

少々高めなのでいきなりお金を掛けるのは心配だと思います。ですが、LITALICOワンダーでは無料体験もあるので、それで満足出来たら継続する、満足できなかったら辞めるでもOKです。

✔LITALICOワンダー IT×モノづくり教室3つのメリット

LITALICOワンダー3つのメリット

  • これからの時代に必要な技術が学べる
  • こどものペースに沿ったカリキュラム
  • 障がいを持ったお子さんでも大丈夫

こどもの内からプログラミングを学習できるだけでも凄いのですが、LITALICOは幼児教育や障がい児支援の事業をしている会社なので、障がい児に対する指導の知見も持っています。なので、発達障がい、ADHD、学習障害を持ったこどもでも安心して参加できるのはかなりメリットですね。

やまゆー

障がいを持ったこどもの方が、プログラミングやモノづくりの能力に長けているケースもあります。こどもの可能性を見るチャンスです!

✔ LITALICOワンダー IT×モノづくり教室の無料体験教室

今なら60分×2コマ分の体験(8,000円相当)を無料でできます。教室授業orオンラインどちらでも体験が可能です。

下記のボタンからアクセスして、無料体験申し込みフォームから簡単に申し込めます。

\この機会にこどもの興味を広げよう/

LITALICOワンダー

プログラミングの需要は今後も増える

最新技術、特にプログラミングは今後教育の必修科目になると言われているくらい需要で溢れています。

まずはやってみようと思い、僕も大人になってからプログラミング学習に取り組んだことがありますが、挫折しました。その経験から「こどもの内からやっておけばよかった」と思うことがあります。

こどもでプログラミングに触れるメリット

  • 学習時間を長く確保できる
  • プログラミングだけに没頭できる
やまゆー

他に何も考えずに没頭できるのは子供の時だけ!是非時間を有効活用してあげて下さいね。

今回は以上となります。もし興味があれば、無料体験からでも申し込んでみて下さい。

\こどもの”好き”が見つかる/

LITALICOワンダー

-学習

Copyright© おとな育てブログ , 2021 All Rights Reserved.